コンテンツまでスキップ

合同会社TMRはHubSpotのパートナー(Solution Provider)となりました

合同会社TMRはMA・CRM製品であるHubSpotのパートナー(Solution Provider)となりました。HubSpotを活用した主に中小企業やひとり法人のDXを推進していきます。(HubSpotパートナー一覧でTMRを探す)

TMRってどんな会社なの?代表はどんな人なの? → よかったらこちらも参照ください

TMRでは2023年から自社ホームページをWordPressからHubSpot CMSへ移行しています。また自社メルマガ配信もHubSpot Marketing Hubの機能を利用しています。これら自社の知見を含め主に中小企業やひとり法人のMA(マーケティング・オートメーション)やCRM(カスタマー・リレーション管理)を支援します。

最初のきっかけはHubSpotの自社導入

HubSpotを触れるきっかけは自社導入からです。当時会員向けメルマガ配信ツールを探していました。複数のツールを比較検討していたのですが、無料で利用できること、フォームやコンタクト管理などMA・CRMの広い機能があることからHubSpotを採用しました。ホームページにはレンタルサーバー上のWordPressを利用しており、Webサイト構築とメルマガ配信は別の環境になっていました。

その後自社ホームページをWordPressからHubSpot CMSへ移行。Webサイトもメルマガ配信もHubSpotへ統合しました。HubSpot CMSはSaaS型CMSであり専用サーバーの契約が必要ありません。SSL(暗号化)なども標準で備わっていて複雑な初期設定も最小限で済むのも魅力でした。

現在は八ヶ岳 移住・ワーケーション情報サイト(ヤツナビ)はWordPressを継続し、自社ホームページはHubSpot CMSを利用しています。

HubSpotは無料プランから始めることができるMA・CRM

HubSpotは無料プランでもひと通りの機能を無期限で利用することができます。起業初期で資金に余裕がなかったため無料で豊富な機能が使えるHubSpotは大変魅力的でした。

モバイル対応したホームページ、メルマガ発行、セミナー申込み管理など。スモールビジネスで必要な機能が揃っていてすぐにビジネスを始めることができます。

利用の高度化とビジネス成長に合わせてプランをアップグレード

その後メルマガ会員の増加やオンライン講座の販売を検討し、ステップメールなどより高度な機能が必要となり有料プラン(Starter)へアップグレードしました。Starterは年間28,512円(税込)と低価格ながら無料プラン以上の機能が使えるのが魅力です。

多くのひとり法人が起業当初は資金に余裕がない状態でしょう。無料である程度の機能を無期限利用でき、かつ事業の拡大に応じてプランをアップグレードできるのも嬉しいところです。さらに上位プランであるProfesseionalでは高度なワークフローやカスタマーサービス(ナレッジベースなど)も可能になります。今後のビジネス拡大に応じてさらなるアップグレードも検討しています。

自社利用の知見も活かし中小企業・ひとり法人のDXを推進

TMRでは自社利用での知見を活かし、中小企業やひとり法人のDXを推進しています。多くの中小企業では営業活動は属人的に行われています。またマーケティングでもWebサイト活用は企業情報の告知に留まるケースがほとんどです。TMRは主に以下の領域でサービスを提供します。

  • HubSpotによるインバウンドマーケティング導入効果の教育
  • HubSpot CMSを利用したWebページ作成
  • HubSpot Marketing Hubを利用したインバウンドマーケティング構築(メルマガ配信・コンテンツマーケティングなど)
  • HubSpot Sales Hubを利用した案件管理構築
  • HubSpot Service Hubを利用した顧客サポートの効率化(ナレッジベース・チケット管理など)

営業・マーケティングの自動化で少人数でも効率的なビジネスを

中小企業(特に従業員20名以下)やひとり法人でもっとも貴重なリソースは人員です。そのなかでも製造や開発に関わらない営業・事務はできるだけ効率化したいものです。インバウンドマーケティングを活用することで営業とマーケティングを一体化させ、限られた人数でも効率的な営業活動が可能になります。

TMRは中小企業やひとり法人こそインバウンドマーケティングが有効であると考え、営業生産性を高めるためのDXを提案していきます。